芝生駐車場(EGP)のメリット

敷地内に建物を増設することが可能になり、土地の有効利用に効果的です。

敷地外駐車場の返却も可能となり、経費の削減となります。

工場立地法では、新設時および増改築時、製造業、電気・ガス・熱供給業者の特定工場で、全敷地面積の20%を緑化する義務が生じます。
芝生駐車場(EGP)は、全敷地面積の5%まで緑地カウント可能です。
詳しくは当社窓口までお問い合わせください。

※特定工場とは、敷地面積9,000㎡以上 建物床面積3,000㎡以上を有する施設です。

サーモグラフィーによる測定結果では、アスファルト舗装の駐車場に比べ芝生の蒸散作用により表面温度で約15度の温度低減効果があります。
アスファルト舗装のように蓄熱しないことから都心のヒートアイランド現象の緩和、環境改善に役立ち、視覚的にも涼しく感じられます。

雨水浸透阻害行為許可が必要となる地域では、芝生駐車場(EGP)の雨水浸透施設としての機能が効果を発揮します。
詳しくは当社窓口までお問い合わせください。