屋上緑化のメリット 工場立地法の緑地面積対策

緑地の有効利用が可能です

緑地を屋上緑化に置換えることにより、敷地内に建物を増設することができ土地の有効利用が可能です。

工場立地法における、緑地確保の必要性

工場立地法では、新設時および増改築時、製造業、電気、ガス、熱供給業者の特定工場で全敷地面積の20%を緑化する義務が生じます。
屋上緑化は、全敷地面積の5%まで緑地カウントが可能です。
地方自治体により条件が異なります、詳しくは当社窓口までお問い合わせください。

※特定工場とは、敷地面積9,000㎡以上、建物床面積3,000㎡以上を有する施設です。